小1/サピックス:3月入室テスト/③公文の工程管理もできていなかった

2016年03月(新小1・年長)


2016年3月12日(土)。

 

夫婦共働きで平日は可処分時間が無い、ということもあり、娘にはこれまで習い事は一切やらせてきませんでした。週末に習い事を入れてしまうと、家族で行動できる機会が減ってしまうので。

 

唯一、通っていたのが週の平日に2回の公文でした。これは、娘の同級生が通っており、それが楽しそうということもあり、娘から「行きたい」と言い出して通わせたもの。僕は公文の申込書を取り出して、通いだしたのが2015年10月であることを確認しました(今思えば恥ずかしいことに、いつから通っているかの認識も浅かった)。

 

僕:「ねえ、公文ってこのAとかBとかあるけど、この全体工程表みたいなものってあるの?」

 

妻:「あるよ。これ。」

 

出されたのは、公文の「算数教材内容一覧表」と、「国語教材内容一覧表」。

 

僕:「で、どういうふうに、これまで進んできたの?今、どこにいるの?」

 

妻:「プリントを返してもらった日付を書いてあるよ。今はここにいるよ。(この時点で、算数はB 11-20、国語はAII 1-10)」

 

僕:「ありがとう。ここのところで、なんで日付が4つも5つも書いてあるの?」

 

妻:「これはプリントが難しくて、教室で進まないから復習していたからだね。」

 

なんてこった。公文のプリントでスタックして時間をロスしていたことも、僕は把握していませんでした。

 

公文の教室で「知らないこと」が出てくると、プリントを何度も何度も復習することで、学習していることを意味します。当然、何度もやり直すので、教室での時間をかなり使うことになります。

 

僕:「そういえば、自宅で娘に公文の内容は教えたこと無いよね?」

 

妻:「してないよ。文は丸つけは教室でしかできない仕組み。」

 

僕:「ありがとう。状況が見えてきた。これは、完全に、親としての子供のマネジメントの失敗だよ。君が悪いんじゃない。100%、僕の失敗。僕がもっと情報収集して、きっちりと娘をマネジメントすべきだったんだ。

 

恐らく、膨大な無駄が発生している。

 

そして、その無駄を排除するのが僕の仕事だ。対策を考えるよ。」

 

続く。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki