小1/家庭学習環境:「していないこと」と「していること」

2016年06月(小1)


2016年6月25日(土)。

 

1日は24時間しかありません。これは、子供も大人も同じ。

 

時間を捻出するという観点からは、何をするかよりも、「何をしないのか(=時間を使わない)」ことの方が大事だと考えています。そして、世に出ている受験関係本やブログを分析して思ったことは、「筆者が当然のこととして、"していないこと"は文字にはなりにくい」ということ。

 

他者が当たり前として「していないこと」、特に日常生活パターンというものは、大変見え辛いですね。そして、それにこそ、いろいろヒントがあると最近考えています。

 

僕・妻・娘の、現時点での家庭での生活パターンを、受験後の2022年2月に検証できるように、記録に残しておきます。

 

(1)していないこと

①原則としてテレビを見ない。例外として、映画を見るか、録画しておいた良質な番組を見る場合のみスイッチを入れる。食事中にテレビを見るとか、テレビを時計代わりにつけっぱなしにする習慣は一切無い。

 

よって、娘はニュースとか天気予報とかその他番組を、自宅でライブとして見たことが無い。尚、あまりにテレビを見ないと、娘の耐性が無くなるので、週末土曜日に1時間だけ、娘が見たいという番組を録画しておいて見るようにしている。最近は動物関連。

 

②テレビゲーム、スマホゲームを全くしない。全く、ゲームをしない。よって、娘はゲームをしないし、触ったことも無い。

 

③自宅での日常的な飲酒習慣が無い。週末にワインは楽しみますけど。

 

④タバコを吸わない。

 

⑤平日はお菓子を食べない。たまに誘惑に負けて食べてしまうこともありますが。尚、週末は必ず選びぬいたスイーツを頂きます。

 

⑥娘に英語教育をしない。僕も妻もそこそこの英語力がありますが(僕は米国大学院卒、妻はTOEICで四捨五入して900レベル)、その経験から、子供の英語勉強は中学以後にやれば十分と考えています。

 

⑦娘に早期教育はしなかった。6歳で公文開始するまで、特別なことは何もしていません。習い事も一切していない。共働きなので、したくても無理。

 

⑧娘に夕食後は勉強をさせない。

 

⑨娘に食べ物の好き嫌いは一切無い。全く無い。何でも食べられる。

 

⑩ソフトドリンクを飲まない。最後にコーラを飲んだのはいつだろう?

 

(2)していること

①娘を夜20:15に寝かせて、朝06:00に起床させている(睡眠時間は9.5時間を確保)。よほどのことが無い限り、このパターンを崩さない。たんたんと、娘の睡眠時間を管理。

 

②丁寧に食事をつくる。妻は和食の家庭料理に長けている。味噌汁の出汁については、煮干と昆布から毎日丁寧に取っている。

 

③娘は毎日柔軟体操をしている。

 

④娘は小学1年生の入学式の日から、毎日日記をつけている。1日も欠かしたことが無い(忘れたときは翌日に書く)。

 

⑤娘には、親から邪魔されない、ぼーっとする時間が毎日ある。

 

⑥娘に運動トレーニングをしている。同学年の中では、運動神経は相当に良い。

 

⑦娘の話は最後まで黙って聞く。

 

⑧平日は毎朝、06:00-07:55(除く朝食時間)で勉強している。勉強しない日、なんてものはない。

 

⑨娘に常に段取りを考えさせる。何をするにも、まずシミュレーションさせる。

 

⑩週末には、家族で必ずスイーツを食べる。スイーツが無い人生なんて考えられない。スイーツを食べた後に、勉強するなんて考えられない。そんな人生嫌だ(笑)。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


Posted by senki