小1/サピックス:自分の成長を時間軸で意識させる

2016年06月(小1)


2016年6月26日(日)。

 

夕食後の会話。

 

妻:「(今朝は僕が不在だったので)朝、娘にひらがなの練習をさせたけど、4月の最初のサピックスの授業の国語のプリントを見せたら、自分から、『うわぁ、このひらがな、すっごく雑に書いてあるね』と言って、驚いていたよ。4月当時は、真面目に書いてそれだけしかかけなかったはずだから、雑に書いたのではなく、丁寧に書けなかったんだろうね。」

 

僕:「それはいいことだね。自分の成長の幅を、時間軸で意識することができるから。大人だって、自分がこれだけ成長したんだ、っていうことを意識することで、モチベーション上がるしね。」

 

・・・なるほど。

 

そういえば、公文の算数の先取りをしておりますが、ドリルには必ず、その問題を解いた日付を僕が書き入れています。そうすることによって、

 

僕:「この問題って5月xx日に解いたけど、間違えていたんだね。」

 

娘:「ええ?こんなの間違えていたの?簡単なのにね!」

 

ということで、自分が成長していることを確認しておりました。このプロセス、案外大事なのかもしれません。

 

サピックスの「脳トレ」系の問題は、しっているかどうか、に頼る部分が大きいのですが、公文の「筋トレ」系の問題は、最初全くできなかった(=知らなかった)九九が、やがて3桁×2桁になり、割り算に発展していくことになります。自分が進化している実感を持ちやすい。

 

できなかったことができるようになること、に対する喜びには上限がありませんので、適度に過去を振り返るプロセスはモチベーション向上・・・というよりも、「素直に楽しい」という感情を持つためにも良いのかもしれませんね。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki