小1/公文:シンキングタイムを邪魔しない

2016年06月(小1)


公文の先取りで小数や割り算をやっています。最近の会話。

 

僕:「では、この問題をやって。」

 

娘:「うん。・・・えーっと、、、。」

 

僕:「難しい?」

 

さて、ここで親として3つの選択肢があるようです。

 

①解き方を全部教える。

②解き方を一部教える(=ヒントを出す)。

③既に解いている前の類似問題に戻る。

 

公文のドリルや、プリントを数多くこなすことが目標ではなく、それらを利用して基礎力の筋トレをすることが目標なので、安易に①をすることはなく、なるべく②にするようにしています。

 

しかし、最近、娘に変化が出てきました。

 

娘:「・・・ちょっとまってて!(手の平を僕に向けてストップのサイン)」

 

娘の頭の中では、「解けそうも無い」という状態と、「考えれば分かるかもしれない」という状態の2つに問題を類型化し、後者の場合にはシンキングタイムをとるようになってきました。

 

この場合、僕ができるのは、4つ目の選択肢である

 

④じっと待つ

 

しかし、初めて学習する単元や計算などは、質よりも量を狙うようにしており、文字通り一緒に解いて時間をセーブします。この塩梅が難しいでね。娘をマネジメントするためには、自分自身の感情をマネジメントしないといけない、ということに気がつきました。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki