小1/公文:毎日、プリントを何枚やるべきか

2016年06月(小1)


2016年6月29日(水)。

 

夏は悩ましい。特に、我が家は共働きなので、特に悩ましい。小1(に限らず中学受験のお子さん)を持つ共働き家庭は、同じ悩みをもっているのかと想像します。

 

現在、娘は、公文については算数5枚、国語5枚を解いています。コースは200枚なので、200/5=40日あれば、終了することになります。

 

夏休みは時間が取れるので、1日に10枚やろうかと考えていましたが、以下理由から現状の5枚を継続することにしました。

 

①苦悶、、、あ、失礼!、「公文」を10枚やるのは単調すぎてつまらない(笑)。子供が嫌いになってしまうリスクがあります。

 

②同じ種類の計算を連続して解いて定着する意味があるのは、「5枚」くらいじゃないだろうか?1枚だと定着効果は低そうだけど、1日に10枚やる意味は薄い気がします。筋トレとしての効果が低い。毎日毎日5枚をたんたんと継続することの方が大事。

 

・・・さて、あとは、どういう時間帯にやるか。

 

現状の仮説としては、

 

(1)朝06:00-08:30(含む朝食):

僕が自宅にいる→僕がいないとできない問題をすべき→「先取り、考える系、語彙)」

 

(2)夕方16:00-18:00:

娘が1人で自宅にいる→1人でできること→「公文プリント、漢字」(※これらは成果物を見ればちゃんとやったかどうかもチェックできる)

 

かな、と考えています。

 

いよいよ夏本番ですね。学校が無いので、膨大な時間があります。そんなに、「教育パパ」をやらなくてもよく、何も我慢せずに、できることをたんたんと積み重ねていきたいと思います。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki