小1/公文先取り:2桁割り算を線分図に落とす(スポーン、スポーン、と数字が入る)

2016年07月(小1)


2016年7月1日(金)。

 

朝。『くもんの小学ドリル 4年生のわり算』。p.45。

 

僕:「では、125÷41を解いて、線分図に落としてみよう。」

 

娘:「125の線をかいて、41が、、、3つ入るかんじだね。あまりが、2。」

 

僕:「形はあっているけど、41と2が同じ大きさだなあ。違う大きさにしないと、羊羹を切って失敗したときみたいに戦争になるぞ~。

 

娘:「分った。」

 

僕:「じゃあ、次は、123÷41。解いて、線分図にして。」

 

娘:「123の線の中に、41が3つぴったり入るかんじだね。余りが無いから。」

 

僕:「その通り!41が、スポーン、スポーン、スポーン、って3つ123の中に入るかんじ。ぴったり入るね!」

 

・・・足し算、引き算、掛け算では数字の「量」としてのイメージはそれほど重要ではありませんが、割り算、特に割る数が2桁になってくると、量としてのイメージをどこまで持てるかが勝負のようです。割り算を機械的に大量にこなすのも大事ですが、ゆっくり、丁寧に、線分図に落とし込んでいく種類の筋トレもしていきます。

 

数字が量として「絵」に見えるかどうか。この感覚を持つことが、「基礎力」なのでは?

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki