僕の中学受験:⑥/9 睡眠不足

「僕」の中学受験


(続き)

 

10. 睡眠不足

 

12歳の子供が、親のマネジメントが無い中で、死ぬほど頑張ったら何が起きるか。

 

それは、「全部頑張る→夜2~3時まで勉強する→完全寝不足→効率が落ちる(しかし勉強効率という概念を子供は知らない)→全部頑張る→・・・」、の繰り返し。

 

僕の小学校6年生の夏休みは、記憶が一切ありません。何も覚えていません。頑張って勉強したはずですが、勉強したことすら、今は覚えていません。一種の記憶障害に陥っていた可能性すらあります。

 

しかし、学力は着いていたようで、偏差値60以上をこの頃から常にキープしていたような記憶があります。

 

そして9月。学校の新学期。

 

学校からの下校中、眠りながら歩いていて電柱にぶつかって転びました。

 

学校の音楽の授業中はずっと寝ていました。

 

昼休みの時間もずっと寝ていました。

 

そして授業中も・・・。

 

当時の小学校の担任の先生(女性)は、こんな僕を理解してくれて、そっと寝かしてくれました。僕の通っていたクラスで中学受験の勉強をしていたのは、クラスで数名。その中でも、僕が滅茶苦茶に勉強していることは、雰囲気から分かってくれていたようです。今でも感謝します。学校で寝かせてくれなかったら、きっと脳みそが壊れていたに違いありません。

 

社会で覚えるべきことは紙に書いて、壁に貼ったり、トイレに貼ったり、枕の下に敷いて眠ったり、紙に書いて食べたりしました。マジに食べました。

 

狂っていました。

 

(続く)

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki