小1/公文:国語がBII(=小2後半)に突入

2016年07月(小1)


2016年7月16日(土)、朝。

 

長かったBI(=小2の前半)の終了テストに合格し、BII(=小2の後半)に入りました。

 

BIは、2016年4月15日に開始したので、約2ヶ月間を要しました。2ヶ月前は1~2年生の漢字がほとんど定着していなかったので1週間パスして復習に専念したり、公文の先生の方針でなんども復習した(=同じプリントを繰り返す)ことで、主語と述語の関係も理解が深まったようです。

 

今は娘は僕のマネジメント下にあるので、BIで経験したような無駄はさせないぞ、、、と思っていましたが、BII教材を見てびっくり。

 

「言いかえ:青い空のことを、青空といいます。青空とは、[xx]のことです。」

 

「漢字:野、原、谷」

 

ということで、2年生の漢字も進み始めてしまいました。これは、まずい。

 

公文の正しい使い方は、「自宅にて先取り→公文プリントで復習」、という段取りなので、早期に2年生の漢字を先取りしないといけません。漢字は知っているかどうか、なので、うんうん考えてもダメ。

 

よって、目標変更して、

 

①7月末までに2年生の漢字を学習する(→公文で復習して定着)

②8月末までに3年生の漢字を学習する

 

ということにします。

 

漢字は、とにかく早くやらないと非効率になりますね。早く学習して、時間をかけて熟成させて、読書にて定着する、というプロセスになりますので、とにかく時間がかかる!

 

まるで、ボルドーのワインのようだ!

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki