小1/公文先取り:「約分」の教え方

2016年07月(小1)


2016年7月21日(木)、朝。

 

公文ドリル小5で、約分を開始しています。

 

3/6を、3で割って、1/2、にする、というもの。

 

僕:「羊羹を考えよう。

 

■■■■■■

 

これが1本の羊羹。これを、6個に切った。

 

■  ■  ■  ■  ■  ■

 

1つはなに?」

 

娘:「うーんと、1/6!」

 

僕:「正解。では、■を3つくっつけよう。3つあったら?」

 

娘:「3/3!」

 

僕:「ちがうだろ、それ。」

 

娘:「3/6、、、かな?」

 

僕:「そう。羊羹で例えると、

 

■■■ と ■■■

 

だよね?これって、ようかんを2つに分けるのと同じだよね?だから、1/2になる。」

 

娘:「?????」

 

・・・僕の教え方ですが問題があるようです(敗北感)。

 

分母と分子を、割れる数字で割る、という機械的動作はできるのですが、「なぜか?」は、全く理解していません。ここはじっくりと、問題数を機械的にある程度こなしたあとで、羊羹の図を書いて、また、娘に書かせて、意味を理解させていく方法を取りたいと思います。

 

小1でも分数を理解できている子はたくさんいるので、要は子供のポテンシャルというよりは、親(=僕)の教え方に問題があるんだと思います。

 

反省!

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki