小1/公文先取り:「約分」の快感(虎屋の羊羹、ありがとう!)

2016年07月(小1)


2016年7月23日(土)、朝。

 

いつもの週末通り、06:00-10:00で筋トレ。筋トレメニューは、

 

1) サピックス算数基礎力トレーニング

2) 公文国語プリント5枚(BII 36-40)

3) 公文算数プリント5枚(D101-105)(3桁÷2桁の割り算の嵐)

4) 言葉力1100を1ページ(現在p.57)

5) 公文算数ドリルで四則計算を1回転(①3年生の足し算・引き算、②3年生の掛け算、③4年生の割り算)

 

そして、本日のメインディッシュ、「約分」。

 

結論として、ほぼ完璧に理解してくれました。前日の教え方の失敗を反省したものです。

 

まずは、4年生の分数・小数ドリルで、帯分数→仮分数へのトレーニング。

 

3と4/11

 

などですが、これを丁寧にやりました。

 

僕:「誰も食べていない羊羹が3本と、誰かが少し食べちゃった羊羹が1本ある。その食べちゃった羊羹だけど、11個に切ったうちの4つしか残っていない。」

 

この説明と、絵に描いたのが娘に効きました。

 

僕:「じゃあ、4/11って、1より大きい?小さい?」

 

娘:「小さい!」

 

ということで、分数の量のイメージを認識。よし、これは良い兆候だ。

 

そして、10分くらい時間をかけて、絵を描きながら、

 

僕:「3/6の羊羹と、1/2の羊羹がある。君はどちらを食べたい?

 

ということで、妻にも参戦してもらって、議論。これも大変有効でした。(→妻よ、協力ありがとうございました)

 

公文ドリルの5年生の分数の最初の方や、2か3で約分できるという指示があるのですが、ここから先は、娘は鬼のような速度で約分をしまくり。アドレナリンが出るようで、夢中になって約分していました。眼が輝いている。

 

3/6

6/9

5/15

15/20

3/21

14/30

 

もサクサク。

 

ここで判明したのが、

 

娘:「14/30は、、、30を2で割ると(と頭の中で筆算して)15。」

 

としていたので、この脳内プロセスを修正。省エネにすべき。10円玉が3枚あって、真ん中の1枚を半分に割るイメージを絵に描いて説明したところ理解。

 

僕:「じゃあ、70÷2は?」

 

娘:「えっと、、35!」

 

ということで、即答。

 

ということで、約分は略道筋がつきました。あとは計算としての慣れなので、ひたすら筋トレします。低学年に分数を仕込む場合、

 

①数字の量としてのイメージ

②何かを実際に切ってみる実体験

③計算速度

 

は必須ですね。先回りして、6月の間に、虎屋の羊羹を切りまくっておいたことが幸いしました。ありがとう、虎屋の羊羹!そして、ヒントを提供していただいた、先に学習していらっしゃるブロガーの方々!感謝します!

 

2/3+4/5が、このままでは足せないことも理解していました。

 

娘:「これ、なんか変だよね?」

 

そうそう、それで良い。ということで、公文D(=小4相当)の最後に出てくる161-200の約分はクリアしました。あとは、公文E(=小5相当)に出てくる通分しての、足し算・引き算をやっていきます。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki