読書メモ:『本物の学力は12歳までの「作文量」で決まる!』

「僕」の読書


2016年7月18日の週。

 

作文関係の参考になる本を求めて、大型書店で立ち読み。以下、備忘メモ。

 

尚、僕の備忘メモは主として記憶を頼りにしているので、正確に本を引用するものではありません。あくまでも、自分用の備忘録です。

 

(1)書籍名

『本物の学力は12歳までの「作文量」で決まる!』

 

(2)主な主張

ドリル一冊与えるならば、白紙のノートを一冊与えてください。

 

空想作文を書く。

 

作文力は、生涯を通じて必要な生きる基盤になる。自分の頭で考える。

 

道徳の観点ではなく、空想で書く。

 

書くことで論理力が鍛えられ、文章の仕組みが分かり、読めるようになる。

 

重松清の『きよしこ』は読むべし。

 

低学年からの塾通いは負担が大きい。それよりも、国語力が大事なのでは。

 

書き手になると読解力が飛躍的に伸びる。書く、人を喜ばせる、微細な表現に注意をはらう。

 

リアルに描くには目に見えるように書く。

 

作文なのか小論文なのか。

 

あなたがxxだったらどうする?、という質問は有効。

 

型。ホップ、ステップ、ジャンプ、着地。

 

犯人は誰だと思う?予測させる。

 

何か買いたいものが出てきた場合には欲しい理由を書かせる。必然的に論理的になる

 

赤ペンで添削すると良い。

 

本の感想文。ポップ、題名や印象。ステップ、あらすじ、短く。ジャンプ、主題を探り、自分の考えをまとめる、個性的に書く。着地、全体をまとめる。

 

イエスかノーかをはっきりさせるのが小論文。ジャンプで理由を書く。理由は子供は沢山書けないし、焦点がぼやけるので、理由は一つか二つに絞る代わりに具体例と共に深堀りすると良い。

 

(3)参考になった点とAction Item

①書くことで読解力が上がる、という発想は面白い。たしかにそうかも。

→小学校入学時点から、10年日記を毎日欠かさず書かせているが、内容についても仕込むことにする。

 

②理由を書かせるという訓練方法は試してみたい。人を説得する理由を、ぱっと言えるかどうかは大事かも。

→机に向かって書く時間は取り辛いので、親子でブレストして理由を言わせる訓練に応用する。

 

③理由を絞る、という発想は面白い。たしかに、表面的な理由を3つ挙げるよりかは、2つを深堀りしたほうが、小学生の作文や小論文という観点では有効かも。

→3つ理由をあげる口頭小論文訓練と共に、1つを深堀りする筋トレも日常に取り込む。

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki