僕の読書メモ:『高濱流 わが子に勉強ぐせをつける親の習慣37』

「僕」の読書


備忘メモ。

 

(1)書籍名

『高濱流 わが子に勉強ぐせをつける親の習慣37』

 

(2)著者の主張

おたまじゃくしは4~9歳、10歳は移行、11~18歳はカエル。

 

漢字が出来ない子は伸びない。文章の意味が取れない。

 

算数ノートは間違いを消さない。ノートは考えるための道具。

 

夏休みの勉強は午前中が原則。時間があるので、一つのことにじっくり取り組む経験をつませる。

 

子供のシンキングタイムを邪魔するな。算数でも考えている時間は大事。

 

親が速く歩くと子供とテキパキする。

 

挨拶は、よく通る声、目を見る。

 

毎日日記をつける。書き慣れる。自分を見つめる子になる。言葉と向き合う。

 

(3)学びとAction Item

①漢字は大事。

→がんがん進めて、定着させるべき。その気になれば、小1で小6までカバーも可能だと思います。問題は定着率なので、これを高めつつ、どうやるか。

 

②算数におけるシンキングタイムの重要性を再認識。

→1分は待つことにする。しかし、シンキングタイムなのか、無駄な時間なのか、の見極めは大事。

 

③勉強しない子は大変だな。。

→そもそも、勉強クセ、という発想が疑問。でも、世の中には、勉強を嫌がる子の方がmajorityのはず。現在は、息を吸うのと同じくらい当たり前の感覚で、毎日勉強している娘。どこかで反発がありそうで怖い。いや、あるに違いない。だからこそ、うまく娘をマネジメントする必要があります。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki