僕の読書メモ:『中学受験 注目校の素顔 豊島岡女子学園中学校・高等学校』

「僕」の読書


備忘メモ。

 

(1)書籍名

『中学受験 注目校の素顔 豊島岡女子学園中学校・高等学校 (学校研究シリーズ 6) 』(おおたとしまさ著)

 

(2)ポイント

ビル群の中にある。学校に大きな校庭がない。

 

20年前は存在感が無かった。今や御三家を凌ぐ。1892年に裁縫学校として始まった。

 

1986年から16年間かけて校舎を改築。8階建てに。

 

1989年に入試日を2/2に変更。1989年入学組が6年後に大量合格(1995)。1996に東大現役5。加速。2003に2桁。2014に33。

 

シャンデリアとお姫様階段。

 

地道に基礎を鍛える。テスト多い。

 

いろいろな経緯で入る。挫折経験も武器になる。

 

制約があるので考えて工夫する。狭い校舎、1700の下校でのクラブ活動。教員も1730帰宅マスト。時間には制限がある。

 

生徒がテキストをつくる。

 

中学入学組も、高校受験をうける。ふるいわけはしない。高1、2は中学、高校別。3年で統合。

 

あたりまえのことを、あたりまえにやる。その積み重ね。

 

運針は最後にぬきとる。形に残らない。大切なものは自分の中にしか残らない。

 

ノートの添削が凄い。

 

コーラス部は2010に高校全国優勝。2011に中学優勝。時間がないとこは理由にならない。有効な時間の使い方を知っている人は、集中力を身に着けている人。そういう人は、自分の力を100%出し切れる。
 

(3)学びとAction Item

僕が中学受験をしているときは、存在感がなかった学校です(でも、存在感があっても、女子校は分からなかったと思いますが)。話半分で本を読んでも、実に経営としての中学高校の運営が工夫されている。強烈な価値観を感じますね、「制約があるので考えて工夫する」、とか僕は大好きです。

→伸びている組織は違う。学びを得よう。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki