小1/公文:3桁÷2桁の割り算の処理ロジック①

2016年07月(小1)


2016年7月30日(土)、朝。

 

たんたんと06:00から開始。

 

娘の割り算計算速度(3桁÷2桁)をいかに加速させるか。その方法論について、僕は徹底的に考えました。割り算の計算プロセスを、再度じっくり観察したところ、以下の通りであることを発見しました。

 

①商の見当を付ける。(脳みそフル回転)

②上記①の商の見当をいれて計算する。

③-1 超えなければ通常通り計算。

③-2 超えたり足りなければ、消しゴムで消す。商+/-1をして調整して計算。

 

上記①をいかに早く、楽に(=疲れない)、正確に、やるかが、3桁÷2桁割り算の計算効率を高めることになります。

 

昨日は、

 

a) 概数にする。例えば、647/91=ならば、650/90=にする。

b) 紙に書き出して0を消す。

c) 計算する。

 

ということをやっていましたが、もっと簡単な方法を発見しました。

 

647/91=

 

これの、1の位、つまり、「7」と「1」を指で隠す。つまり、概数にするのではなく、機械的に1の位を切り捨てる。

 

そうすると、

 

64/9=

 

になるので、商の見当が「7」であることを導けます。

 

この方法を娘に仕込んだところ、

 

娘:「速い!凄い!かんたん!計算速度が2倍になったよ!」

 

ということで、文字通り、昨日対比で2倍の速度で公文プリントを解いております。「概数」にするということは、脳みそを使いますし、概数にしたものを短期記憶して(=パソコンのメモリみたいなものだ)計算するのも脳みそを使いますし、紙に書くのも時間を使います。

 

これら無駄を徹底的に排除したら、昨日対比で2倍の速度。一昨日対比では、4倍の速度に到達しています。

 

公文D121の、

 

22/198=

226/32=

97/42=

325/52=

563/62=

 

をサクサク解いて、ノーミスでした。実験的に、

 

391/41=

 

の処理速度を計算したら、22.06秒でした(しかも、指で1の位を隠していない。頭で処理しているのだろう)。習熟すれば15秒くらいには短縮できそう。ためしに僕が計算したら10.54秒、妻は7.87秒でした。

 

尚、この方法が優れているのは、

 

2800/31= (D135に出てくる)

 

のような問題にも対応できることです。娘は嬉々としてプリントを楽しんでいるので、暫くはこの方法で様子をみたいと思います。これがBest Practiceなのだと思いますが、商が1超えたり足りなかったりする場合には、消しゴムを使わずに、調整する方法がある(=途中計算に投じた時間を活かし、且つ消しゴムを使う時間を削減する)のですが、これはまだ早いので、ちゃんと消しゴムを使って消して計算させることを継続します。

 

割り算は楽しいですね。

 

掛け算、引き算の錬度(=速度、正確性)が高くないと挑戦できませんし、数直線への展開もできるし、数字を「量」としてざっくり把握する能力も養われます。教える順序が、「足し算→引き算→掛け算→割り算」なのも納得です。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki