僕の学習:「The Big Short」(邦題:マネー・ショート 華麗なる大逆転)

「僕」の学び


2016年7月30日(土)、夜。

 

娘は寝ている。

 

妻と僕で、DVDにて、「The Big Short」を鑑賞。夫婦で、ところどころで大爆笑でした。(特に、S&Pのアナリストとの会話、そしてプールサイドでSEC職員がGS職員に擦り寄るシーン)

 

印象に残ったのは、以下台詞。

 

間違っているときには、間違いに気がつかない。

 

字幕で見ていたので、英語で何て言っていたか聞いていませんが、本質を突いています。中学受験でも、普段の生活でもそうでしょうね。けっこう、物事の本質。娘の場合は、偏差値で定量化されますが、低学年の偏差値は、、、趣味の世界ですね。

 

尚、この映画の一番のテーマは、CDS Long(=買越。しかしCDSは保険なので実質Short Position)をする意思決定の際に、徹底的に一次情報をあたっていること。

 

1) プールにワニがいたのでフロリダ州だと思いますが、実際に不動産を見る。

 

2) 借り手のストリッパーにまで取材しに行く。

 

3) ラスベガスの業界イベントで仮説を検証しにいく。

 

人生かけてマクロ経済の転換点に勝負をかける人間でも、ちゃんと一次情報を当っている。中学受験レベル(しかも首都圏なので移動も楽である)ならば、ちゃんと一次情報入手しなかったら、単なる怠慢だなあ、と思いました。親として、がんばっている娘に申し訳無い。

 

時間見つけて、たんたんと、一次情報を入手したいと思います。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki