小1/公文先取り:最大公約数で弱点発見(公文ドリル5年分数)

2016年08月(小1)


2016年8月4日(木)、朝。

 

08:20まで筋トレを継続。娘は学童(というサバンナへ)旅立っていきました。

 

最大公約数の問題で、弱点を発見。

 

①(36, 48)→[xx], 36/48

②(45, 60)→[xx], 45/60

 

つまり、12の倍数と15の倍数に弱い。12が4つあつまると48、というイメージが描けていない。だから、解けるけど遅い。

 

新たな筋トレメニューを考え付きました。弱点を強化しよう。

 

尚、算数はそれなりに進んでおりますが、「先取り」をしているという発想は、ほとんどありません。第一、「先に取る」ってなにかへン。学年ごとにこれをやれ、という基準は公教育のものにすぎず、私教育には全く無関係だから。できることをタンタンとやるのが大事。できなかったら、もどれば良いし。

 

だから、僕は公文のコンセプトが好きです。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki