僕の学習:NHKのオリンピックアスリート分析番組

2016年08月(小1)


2016年8月10日(水)、夜。ワインを飲みながら。

 

リオオリンピックは見ていないし、見る予定も今のところありません。

 

しかし、NHKの特番は面白い!録画してちょくちょく見ております。

 

①NHKスペシャル ミラクルボディー

第1回:世界最強の人魚たち シンクロナイズドスイミング ロシア代表
第2回:復活!日本柔道“柔よく剛を制す”の秘密 
第3回:未知の能力を呼び覚ませ 義足のジャンパー マルクス・レーム

 

②NHKスペシャル 金メダルへの道「水の王者は俺だ~萩野公介と瀬戸大也~」

 

③NHKスペシャル 金メダルへの道 体操ニッポン復活の金へ~内村航平と日本代表

 

・・・世界で「数名」(%表示ができない)の競争の世界での話なのですが、以下がキーワードなのかと考えました。

 

1) 競争心。

 

2) 技術革新。

 

3) ルールを熟知すること。

 

4) 努力。

 

そこで思うのが、中学受験市場の特殊性。前の分析の通り、首都圏における中学受験市場のうち、女子は20,000人で、御三家は600人もいるので3%だ。同じようなランキングの学校も含めれば、5%、つまり1,000人くらいは満足のいく結果を出せることになる。トップ層といっても、「ものすごく頂上が平たい」競争市場。

 

なのに、なぜ、中学受験のBest Practiceが無いのだろうか?

 

教育本は多数あれど、なぜか、王道中の王道を語る本を見かけたことが無い。例えば、

 

小1の段階で算数[xx]を終え、漢字は[xx]まで制覇。体力面では[xx]や[xx]に取り組む。小2の段階では[xx]。同じく、小3では[xx]。・・・一部の例外を除きサピックス最上位コースを維持し、小6では[xx]をキープ、余裕をもって[xx]に合格。

 

といったストーリーライン。

 

なぜ、無いのか?そして、なぜ、これほど、塾というものが多いのか?一人でブレストしてみました。

 

a) 子供なので個性のブレ幅が大きい。よって画一的な教育方法というものはない。他方、スポーツ系は筋肉の世界なので、ブレ幅が小さい。

 

b) 子供の発達度合いは最後の1年が大きいので、それ以前のアドバンテージが通用しない。または決定的要因にはならない。

 

c) たかだか40,000人という小さい市場なので、誰も真面目に分析していない。王道が見つかれば塾の収益機会が減る。

 

d) 実はBest Practiceに近いものは存在するが、それを口外する意義が低いので、形式知になっていない。

 

e) Best Practiceは存在しない。

 

f) 子供のモチベーションの寄与度が高く、技術的要素は実は低い。

 

・・・かな?

 

たかだか、「先取り教育」の是非というテーマにしても、教育分野で著作がある専門家ですら、「意味がある」「意味が低い」で意見が分かれているのが現状。これは宗教論争に近い。

 

ひょっとして、誰も、中学受験の王道を科学的に研究していないのではないか、とすら思います。子供が長い時間を過ごす「家庭の中身」については、研究するのは困難だろうし。

 

だとすると、僕が娘(偏差値42発進)を人柱にして、いろいろと研究するのは面白い。自分の子供を実験台にするならば、誰の迷惑にもならない。そして、実験台となる娘は中学受験後の人生の方がはるかに長く、そして重要。ちゃんとブログで記録に残しておけば、娘の中学入学後にも役立つ可能性が高い。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki