僕の学習:『真田丸』第33回

「僕」の学び


2016年8月21日(日)、深夜。ワインと共に。あ、チーズもあるわ(ブリー、AOCではない)。酔っ払いの雑文なので御容赦。

 

『真田丸』の第33回「動乱」。

 

NHK大河ドラマ史上、近年稀に見る、強烈に面白い回でした。

 

史実が面白いのか、脚色が面白いのか、それとも役者が面白いのか。

 

そんなのどうでもいいですね。面白いものは、面白い!

 

僕は、塩野七生の『ローマ人の物語』をハードカバーで読んでからアッピア街道を走り、ヴェネツィア訪問してから『海の都の物語』(初版本)、フィレンツェ訪問してから『マキアヴェッリ語録』(初版本)、系。

 

国内では、ほぼ20年前の初めての北海道サイクリングで知った、三浦綾子の『泥流地帯』、『塩狩峠』に始まり略全作品通読、そして北海道開拓関連では吉村昭の『熊嵐』や『破獄』など。司馬遼太郎はそこそこ(全部は読んでいない)。

 

ドラマがこれだけ面白いならば、『真田太平記』は必読ですね!

 

・・・他方、歴史は、常にそれを物語る側に有利に叙述される。スキピオ vs. ハンニバルを物語ったあまたの作家も見解(=スキピオはヒーロー)もあれば、米国のヒストリーチャンネルからすれば「ハンニバルはアホ。勝利したスキピオ側は、てこずった相手がアホだと家名があがらない。だから、ハンニバルは勇将だと歴史に物語った」、という見方もあります。

 

司馬遷も、、、とキリが無いのでやめておきますが、

 

娘が「社会」の歴史に踏み込むのが楽しみで仕方ありません!

 

なぜ、稲作が広まったのか?(弥生時代)

 

なぜ、中央集権国家が誕生したのか?(大和朝廷)

 

ちょっと飛びますが、

 

なぜ、大日本帝国は対英米戦争に踏み切る必要があったのか、については『戦争論』(小林よしのり)を読ませて靖国の遊就館を訪問した上で、広島を訪問し、そしてサピックス的な中学受験での正史に接して貰いたい。

 

親もワクワクですね、中学受験。暗記はタンタンとやるにしても、記述試験、万歳!

 

そして、そんな子供たち(=2022年中学受験組)が歴史を作っていくのは、今から30~40年後くらい。ボルドーやブルゴーニュの良年ならば軽くサバイヴできる目盛りです。2016年夏の一日一日は地味ですが、所詮はその程度の目盛り。

 

娘がダメでも、その娘が競いあった同年代の誰かが、世界に対して意味のあるインパクトあることをしてくれていれば、親として嬉しい。所詮は、ヒトという生物の、確率論のお話。

 

・・・さ、明日も06:00に起きるか。1日は24時間しかない。この資源だけが、全世界、共通。あとは、全て、偏在している(=不平等)。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki