小1/公文:算数の検算を娘にアウトソーシング開始

2016年08月(小1)


2016年8月28日(日)、朝。

 

四則演算を2~3問ずつ必ず毎日復習することにしています。

 

僕:「そろそろ、三桁足し算、三桁引き算はもういいんじゃないか?」

 

娘:「いやだ!絶対にやりたい。やらないと忘れるから。公文算数Bであのとき困ったことをくりかえしたくない。(発言そのまま)

 

とのことなので、本当に基礎の基礎から、毎日復習。

 

ここにきて、娘の計算速度が早くなり、4桁割り算とかでも僕が家事をできるだけの時間を与えてくれない(10秒から1分時間ができても、実質何もできない)。

 

そこで、今日から思い切って、①電卓での検算、②丸付け、を娘に完全アウトソーシング開始しました。その結果、僕は5分単位でのまとまった時間を確保することに成功し、また娘も、

 

娘:「あれ、、これ違うな。。。どこがちがうんだろう。。あ!ここだ!!」

 

と楽しんで電卓検算を楽しんでいます。

 

これは良い方法です!時間がないからこそ、効率よくやっていきます。公文プリントの検算は僕がしますが、ドリルを活用した復習の検算と丸付けは、今後は娘にすべて任せます。親の最大のファンクションは、

 

どの問題を解くべきなのか

 

これが9割。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki