僕の読書メモ:『小学五年生』(重松清)

「僕」の読書


さすが、重松清。

 

(1)書籍名

『小学五年生』(重松清)

 

(2)内容

小学五年生を主人公にした、短編集。

 

「葉桜」

「おとうと」

「友だちの友だち」

「カンダさん」

「雨やどり」

「もこちん」

「南小、フォーエバー」

「プラネタリウム」

「ケンタのたそがれ」

「バスに乗って」

「ライギョ」

「すねぽんさん」

「川湯にて」

「おこた」

「正」

「どきどき」

「タオル」

 

(3)感想とAction Item

ハードカバーで読みましたが、最初の1ページ目が強烈でした。

 

「少年は、小学五年生だった。」

 

と、真ん中に一行あるだけ。

 

現在形ではなく、過去形で書いてあるところに、著者のメッセージを感じました。

 

小学5年生の男子の視点から世界を切り取った短編集。読んでいて、僕もあのころが懐かしくなりました。家族の問題や悩みなど、これら問題を読んで理解できるレベルにまで、娘の読解力をあげていく必要がありますね。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki