小1/読書/008:『おにたのぼうし』(あまんきみこ)

娘の読書・映画


2016年9月4日(日)、夕方。

 

公文の推薦図書。

 

娘:「おにたという鬼が、女の子にやさしくしてあげるお話し。おにたが人間の子供に化けて、やさしくしてあげるところが面白い。もし私がおにたならば、女の子とおしゃべりをして、さようなら、と言って帰る。」

 

夏休み前に比べて、読むスピードが速くなっています。これ、記録に残すのも大変だ(すでにめげそう)。もっと長編系の本にしたほうがいいですね。読書の絶対量の観点からは、読んだ冊数ではなく、ページ数が大事なので。

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki