僕の読書メモ:『見張り塔からずっと』(重松清)

「僕」の読書


2016年9月13日(火)。

 

(1)書籍名

『見張り塔からずっと』(重松清)

 

(2)内容

「カラス」

「扉を開けて」

「陽だまりの猫」

 

(3)感想

人間の暗さが際立つ短編集。小学生が読むことは、まずないだろう。

 

個人的には「カラス」は好きな作品。人間も生き物なので、ニワトリやオオカミと同じで、必ず仲間内で序列をつくるものだから。「平等」という言葉がなぜ存在するかというと、人間の本性として世の中がそうなっていないから、だと思います。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki