小1/読書/026:『ながいながいペンギンの話』(いぬいとみこ)

娘の読書・映画


公文国語C(=小3)の推薦図書。文庫版で177ページ。裏面には、「小学3・4年生以上」とあるので、国語Cにちょうど良いのでしょう。

 

①どんなおはなし?
②どうおもいましたか?
③あながたしゅじんこうならば?
 

娘:「①ルルとキキが子どもからおとなになるはなし。②おもしろかったです。りゆうはたんけんにいくからです。③いろいろなところをたんけんしたい。」

 

・・・今日は、娘は風邪気味。外は雨。親は本を読んでいる。よって、娘は、ごく自然に自宅での読書三昧な一日となりました。今日読んだ4冊の本のページ数をカウントしたら、133+121+281+177=ざっくり700ページ。基礎力としての「読書耐久力」としては、小1レベルとしては十分だと思います(どれほど精読できているかは不明。しかし、僕は、楽しむ読書に精読は求めないので問題無し)。

 

やらされ感満載の読書って面白くありませんが、娘が自分で手にとっての読書。楽しいっていいよね☆

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki