小1/漢字検定8級(=小3):勉強方法の確立

2016年09月(小1)


2016年9月20日(火)。

 

外は雨。しかし、今日から娘は運動会リレーの朝練があるので、0730に家を出る。つまり、0600-0730しか朝の筋トレができません。

 

公文プリントをやっていたら終わらないし、漢字もできない。ということで、週末に公文の国語と算数のプリントをやりまくり、今週金曜日まではそれぞれ1枚だけやるペースにしました。

 

公文プリントを1枚だけならば、すぐに終わります。

 

娘:「あっという間に終わるね!新しいことできるね!」

 

ということで、週末に公文を進めておいて、平日に1~2枚にするのはアリかもしれません。リレー選手になって朝の時間が減るという予想外の展開でしたが、必要にせまられると僕としても考え出すので、結果的に良かったかも。

 

・・・さて、僕と娘の次の山場は、11月6日(日)の漢字検定8級です。「いちまる8級」も20日目まで進みました。だんだん、漢字の効率的な勉強方法が分かってきました。娘の脳みそ、行動パターン、そして時間投資効率を分析した結果。

 

現状のBest Practiceは以下の通り。

 

====

 

■漢字勉強のBest Practice(2016年9月20日時点)

 

①読書の絶対量という土台は必須。つまり、「この漢字見たことがあるなあ」が毎日あること。この土台無くして、漢字の効率的学習は厳しいと思います。

 

②「いちまる8級」で漢字を2個ずつ書く。1個では足りない。しかし、3個以上書くのは次第に時間投資効率が低下する。

 

③優先すべき問題は、1) 読み仮名を振る問題、2) 漢字を書く問題、そして、最後の最後に、3) 書き順の問題。3)は、試験最終日近くになってからで十分。

 

④ひたすら、前に解いた1) 読み仮名問題、2) 漢字を書く問題、を音読する。ひたすら漢字を見ることにより、記憶に定着する。

 

⑤これを毎日やる。忘却曲線を利用して朝と夕方の2回。だからこそ、朝の時間を捻出することが重要になり、必然的に公文は週末に進めておいて平日は1~2枚程度、つまり「やり方を忘れない」程度の負荷に低減しておくと効率的。

 

====

 

・・・今週中に、いちまる8級の全てを解き終わることが目標です。そうすれば、あとは復習に回せますので、娘一人でも上記④の音読をまわせるようになります。

 

そのうえで、いちまる8級をもう一冊買ってきて、「書き込み禁止」にしたうえで、問題を解かせて定着率を確認したいと思います。

 

漢字ですが、よほど早くから勉強していたお子さん以外は、小1秋での8級はそれなりにチャレンジングだということも分かってきました。なぜならば、漢字は語彙力や読書力と直結するので。記号としての漢字暗記は未就学児でもできますが、はたして意味があるのだろうか?

 

この8級で漢字学習のコツ、そして合格という結果を出すことができれば、短期間で合格する方法を確立できることになります。漢字検定を通じて試験対策を学ぶことが、実は最大の学びなのではないか、と最近思います。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki