小1/読書/028:『ぞくぞく村のミイラのラムさん』(末吉暁子)

娘の読書・映画


2016年9月21日(水)、夕方。

 

公文国語C(=小3)の推薦図書。77ページ。

 

①どんなおはなし?
②どうおもいましたか?
③あながたしゅじんこうならば?
 

娘:「①らむさんがほうたいをかいにいくおはなし。②たのしかったです。りゆうは、ほうたいをとられるからです。③ほうたいをちゃんとおうちにもっていきたい。」

 

・・・公文の推薦図書だから借りましたが、僕だったらこういうジャンルの本は、除外してしまいます。やはり、第三者の基準で選ばれた書籍リスト、というのは意味がありますね。

 

このままのペースだと、公文の推薦図書リストは50冊なので、すぐに終わってしまいます。他にリストを探さないと。「小3で読むべき本1,000冊」(=小3の漢字をカバーされているが、それ以上は必ずルビが振ってあり、文字が少し大きめの本)のようなガイドがあっても良いと思うのですが。

 

公文の50冊では全く足りない。本ソムリエとかいないのだろうか。昔の図書館の「司書さん」は詳しかったけど。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki