僕の読書メモ:『星に願いを』(重松清)

「僕」の読書


外は雨。僕は腰痛。

 

(1)書籍名

『星に願いを』(重松清)

 

(2)内容

1995年から2000年まで、20世紀最後の6年間を、三人の主人公が過ごす話。オムニバス形式。互いの人生は交わらない。

 

(3)感想

僕自身の学生時代を思い出しました。しかし、これは中学受験には出ない本ですね。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki