小1/読書/031:『セロ弾きのゴーシュ』(宮沢賢治)

娘の読書・映画


2016年9月23日(金)、夜。

 

公文教室から娘(と妻)が借りてきました。公文国語D(=小4)の推薦図書。47ページ。

 

①どんなおはなし?
②どうおもいましたか?
③あながたしゅじんこうならば?
 

娘:「①ゴーシュがセロでおんがくをひくはなし。②おもしろかったです。りゆうは、どうぶつがおんがくをきくからです。②たのしいおんがくをひきたい。」

 

尚、僕も大人になってからは読んだことがなかったし、記憶にもないので読んでみました。

 

書評に「不思議な幸福感がある」とありましたが、そのような気分になりました。

 

また以下一節には、現在のサラリーマン社会に通じる人間観察もあり、人間って変わらないなあと思いました。

 

=quote=

 

いいあんばいだと思っていると、楽長がおどすような形をして、またぱたっと手を拍ちました。またかとゴーシュはどきっとしましたが、ありがたいことにはこんどは別の人でした。ゴーシュはそこで、さっきじぶんのときみんながしたように、わざとじぶんの譜へ眼を近づけて何か考えるふりをしていました。

 

=unquote=

 

低学年サピックスの効用にはプロコンあるかと思いますが、少なくとも娘が通ってなければ、公文に力を入れることも、読書にも力を入れることはなかったと思います。そして、親である僕も子供向けの本を真剣に読むこともなかったでしょう。

 

僕自身が子供向けの本から学ぶことも多くあり、この一点だけでも、小1の段階から勉強を開始してよかったなあと思います。だって、おもしろい!

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki