小1/読書/036:『きょうりゅうのはか場』(たかしよいち)

2016年09月(小1)


2016年9月25日(日)、午後。

 

図書館で見つけた本。126ページ。このシリーズは科学系の漢字がたくさんあり、読解絶対量確保の観点からは良本です。内容も楽しい。

 

①どんなおはなし?
②どうおもいましたか?
③あながたしゅじんこうならば?
 

娘:「①きょうりゅうのかせきがまとまってでてくることをしらべるおはなし。②おもしろかったです。りゆうは、まとまってきょうりゅうのかせきがでてくるとしらなかったです。③はかばにいくまえにいきるためがんばる。」

 

・・・前向きですね。

 

尚、原稿用紙にそれぞれ2行で書かせるようにしておりますが、最近ちょっと嫌がり気味。書くことが目標ではないので、嫌にならない形でマネジメントします。

 

僕:「本も読んでもらってうれしいと思うんだよね。メモに残してもらったら、たぶん本はうれしい。」

 

娘:「・・・そうかなあ。」

 

うっ。

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki