小1/勉強方法:妻と僕のバトル

2016年09月(小1)


2016年9月27日(火)、夜。

 

市販されている書籍を見る限り、多くの家庭において、子供の勉強面は妻がマネジメントして、それにあまり協力的ではない夫が気分に任せて口を出して、妻がイラッとするパターンが多いようです。

 

我が家では逆。

 

妻よ、口を出すならば、僕は今後一切マネジメントしない。最後まで全部やってください。そして、そこまでの覚悟がないならば、一切口を出すべきではない。どうしても言いたいことがあったとしても、少なくとも、娘のいる前で、僕に対して異を唱えるのは良くない。娘だってバカじゃない。両方の親の顔色をみながらアクションをとる。それくらいの知恵は既に獲得している。

 

屈辱の偏差値42発進を忘れたのか?誰が遠因を作ったのか?また公文でスタックしまくりで前に進んでいない実態があることすら把握せず、完全放置プレーにしていたのは誰なのか?

 

よ~く理解したほうがいいよ~。

 

■ことのあらまし

 

読書をしたら、原稿用紙にメモを残す。この基本動作において、娘が言い出した。

 

娘:「パパ、メモ書きたくない。」

 

僕:「なんで?」

 

娘:「3つの質問の問題文を書くのが面倒くさいの。(①どんなはなし、②どうおもった、③しゅじんこうならば)」

 

僕:「そんなの理由にならないね。ちゃんと書いて。」

 

娘:「いやだったらいやなの!(と泣き出す)」

 

僕:「あっ、そっ。本がかわいそうだね。メモに残してもらえないだなんて。書きたくなければ読まなきゃいいじゃん。」

 

(あー、やっぱり、言い出したか。読書は感想文書け、となると、急に楽しくなくなるからな。その気持ちは理解できる。でも、ここで折れたら、習慣が形骸化する。その3つの質問は、お題が無い読書感想文の切り口になるもので重要。だから、超コンパクトにした上で、問題文として書かせている。ここで妥協はできないね。親として妥協すると、また攻め込まれるから押し切るとするか・・・)

 

ここで横から妻が登場。

 

妻:「いやだって言ってるんだから、書かせなきゃいいじゃん。質問自体が重要じゃなくて、中身が重要なんでしょ。」

 

ここでバトル勃発。

 

僕:「はぁ~?口出しするな。するなら、全部お前が勉強指導しろ。」

 

妻:「○×△(※意味のあることは言っていなかったと思う)」

 

・・・面倒くさいので、娘にも「なぜ質問を書く必要があるのか」を説明しましたが、1ミリくらいしか分かっていないでしょうね。

 

妻:「娘にきちんと説明して、議論すればいいじゃん。」

 

議論というのは、対等の立場でするものだ。いくらなんでも、親と小1では対等に議論できない。

 

そんなことやってるから、娘が深海に沈んだんだよ★

 

親の仕事は、①目標と時間軸を設定する、②仮説をたてて遂行する、③日々のマネジメントをしっかりする、④子供の反応をみながら調整していく。この④は、子供の機嫌を取る、ということに非ず。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki