小1/漢字検定8級(=小3):漢字書き取りの紙

2016年09月(小1)


2016年9月28日(水)、夜。

 

漢字の書き取り練習。

 

これまで、ショーワのジャポニカノートを使っていましたが、「前に練習した漢字が見えてしまう」という致命的な欠陥があるので、廃止しました。

 

いろいろ考えましたが、理想的なのは、

 

①原稿用紙みたいに1枚単位の紙が良い(→すぐに捨てられる。前の漢字が視界に入らないので練習になる)

 

②自分で升目の大きさを調整できること。例えば、漢字検定8級の試験のマス目は14mm x 14mm。デイリーサピックスは17mm x 17mm。漢字書き取りは、大きく書いてほしいので、僕は25mm x 25mmにしたい。

 

③升目の色も好みで調整したい(笑)。満寿屋の原稿用紙の青色が美しいので、これに近づけたい。本当に美しいんですよ、満寿屋の原稿用紙は。。

 

④紙質もこだわりたい。

 

・・・ということで、また余計なところで、僕の文房具オタクの熱が再燃しました。僕が富裕層ならば、満寿屋に特注で発注しちゃうところですが、貧乏人らしくエクセルを駆使して理想のフォーマットをつくり、プリンタで印刷して作成。

 

我ながら素晴らしい完成度に至りました。

 

娘も大満足のようです。曰く、書きやすい、と。

 

満寿屋から、漢字学習用の「超こだわりA4書き取り用紙」とか販売したら、ニーズあるんじゃないかな?1枚10円で、1,000枚でも1万円。1,000枚練習したら、漢字力が大いに伸びまっせ!

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki