小1/サピックス:『現代ビジネス』独り勝ちを続けるサピックス「強さの秘密」を探る

2016年09月(小1)


2016年9月29日(木)、夜。

 

妻が職場で記事に気が付き、僕にシェア。(→ありがとう、妻)

 

独り勝ちを続けるサピックス「強さの秘密」を探る 突出した進学実績
 

要旨は、

 

①上澄みしか相手にしていない。

 

②成績順のクラス編成、帰宅する順序まで上位クラス順、保護者会もクラス別なので社会の縮図を味わう。親を競争に巻き込む仕掛け。

 

③スター講師が居ない。つまり、ノウハウとして普遍化させており品質の安定化。

 

ということと理解。

 

僕もビジネスの観点で中学受験産業を考察することが多いですが、よくできている仕組みだと思いますよ。低学年生徒向けに、今の手緩いカリキュラムではなく、公文のような「計算筋トレ」や、「漢字」をやったほうが良いのに、と昔は思っていましたが、今では僕は、ああこれは意図的に生徒や保護者に対してハッパをかけていないことを確信しています。

 

だって、理解している保護者はサピックス外(家庭学習や公文や他の通信教育などで)で、自主的にやっているから。そして、そういう顧客層をすでに取り込んでいるサピックスとしては、小1という金にならない、というよりは、「時間」と「教室枠」を使う必要が無いから。

 

サピックスカリキュラムの問題に自主的に気が付き、家庭自ら対策を考えて行動するような層だけ、相手にしたいのでしょうね。もっともだ。僕が経営者ならば、そうするから。

 

だって、楽だもん(笑)。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki