小1/公文:算数E115で分数の本質的問題(5 – 3 5/6 =)

2016年10月(小1)


2016年10月1日(土)、0600-1000にて筋トレ中。

 

小学1年生の後半戦スタートの初日。僕も久しぶりに0530に起床し、筋トレ準備。

 

娘は、公文算数E115のある問題を解けない。

 

5 – 3 5/6 =

 

3回間違えても解けないので、解説しました。これ、分数の本質を理解していないと解けない問題ですね。機械的に引けば良い、

 

6 7/9 – 1 4/9 =

 

とは全く違います。公文は本当によくできています。

 

娘に説明したら理解した様子だったので、類題をつくって解かせました。

 

6 – 4 5/6 =

7 – 3 1/6 =

8 – 6 3/7 =

 

解かせてみたら、

 

6 – 4 5/6 = 1 1/6

7 – 3 1/6 = 3 5/6

8 – 6 3/7 = 1 4/7

 

と一発で解答。

 

僕:「いや、合ってるけど。。。なんで、 6 – 4 5/6 = 5 6/6 – 4 5/6 にしてからやらないの?」

 

娘:「だって、その計算は頭の中でできるから。

 

・・・ということで、これは予想外の収穫でした。数字の大きさが図形として見えてきたのかもしれない。僕の目には、

 

6 – 4 5/6 =

 

は、

 

4 5/6 という塊の上に、1 1/6が乗っかっているように見えています。つまり、

 

■□

 

  □

■□

■□

■□

■□

 

というかんじ。下の凹凸と、上の凹凸がはまるイメージ。テトリスに近いかも。

 

娘もだんだん、見えてきたのかもしれません。分数の、「計算視力」。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki