小1/読書/045:『さくらんぼクラブにクロがきた』(古田足日)

娘の読書・映画


2016年10月4日(火)、夜。

 

公文国語C(=小3)の推薦図書。138ページ。図書館で借りたのは、1981年第7刷のハードカバー。歴史を感じます。

 

①どんなおはなし?
②どうおもいましたか?
③あなたがしゅじんこうならば?
 

娘:「①さくらんぼくらぶにクロがくるおはなし。②たのしかったです。りゆうは、がっこうにいぬがすんでいるからです。③いぬになってがっこうにすんでみたい。」

 

100ページ超の本を軽々と読めれば、小1サピックスの10ページ程度(しかも文字が大きい)の長文は、もはや「長文」ではなくなります。小3サピックスの文章でも、10ページ程度(文字が小さくなる)ですので、余裕でしょう。結局のところ「精読しない絶対量としての読書量」の積み上げが、正しい筋トレなのだろうなと思います。読むのが遅いのは致命的。

 

低学年の日本語の勉強は、大人のMBA(GMAT/TOEFL)の英語勉強と、やり方は全く同じだろうという僕の仮説は、外していないのだろうと思います。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki