小1/漢字検定8級(=小3):漢字学習のBest Practice(ようやく到達か?)

2016年10月(小1)


2016年10月5日(水)、朝。

 

小1の11月での漢字検定8級(=小3)。

 

娘は凡人なのでそれなりにチャレンジングなのですが、だんだんやり方が見えてきました。それにしても、漢字のテキストは世の中にたくさんあるのに、「どうやって勉強したら効率的なのか?」については、研究されていない気がします。

 

きっかけは、こんな実験でした。

 

娘:「あー、この漢字分からない。植[xx](ぶつ)。」

 

僕はテキスト(=もう1冊の同じテキストで答えが書き込んであるもの)を開き、植物、という漢字を一瞬見せる

 

娘:「ああ、あれね。あの漢字ね。」

 

と言いながら、漢字練習用紙に書く。

 

・・・あ、なるほど。この瞬間に、僕は低学年の脳みその中身の構造を少し理解しました。

 

①漢字「そのもの」を知っている(=書ける)

②漢字を「どう使うか」を知っている(=読める、読み仮名→漢字)

 

は別モノだということ。

 

上記の「一瞬見せる」ことで書けるというのは、上記①の段階はクリアしており、②の問題だということです。当たり前ですが、漢字を書くという作業は上記①には有効ですが、上記②には時間の投資効率が低い。書くのは時間かかりますから。

 

以上を考察した上で、以下勉強方法の仮説を立てて、今朝、娘で実験しました。

 

====

(1)子供の漢字の理解

①漢字「そのもの」を知っている(=書ける)

②漢字を「どう使うか」を知っている(=読める、読み仮名→漢字)

 

(2)時間の投資効率

読む>(10倍)>書く。

 

(3)漢字学習のBest Practice

①漢字そのものの書き取り練習。

②上記①ののち、ひたすら読む。読んで、娘が不安な漢字に出くわしたら、書いて練習する。

====

 

・・・結果、

 

娘:「パパ、このやり方すごい!進むから楽しいし、効率がいいね!」

 

テキストを読み、自分が不安だな、という漢字に遭遇したら、漢字練習用紙に書き取ります。

 

感想

消火

予想

 

おお、このやり方が良いではないか!これならば、午後の30分の漢字自習時間で、「いちまる8級」を一回転させることが十分可能です。

 

馬鹿正直に漢字を書き取るという勉強法は、非効率の塊でした。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki