小1/公文:算数E139(=小5)の文章題

2016年10月(小1)


2016年10月6日(木)、夜。

 

明朝の筋トレの作戦を考えるべく、公文算数プリントをにらめっこ。

 

E139。分数の加減の文章題。

 

=quote=

本を1さつ読むのに、きのうは全体の1/6を読み、きょうは全体の1/4を読みました。2日間に全体の何分のいくら読んだことになるのでしょうか。

 

(式)

(答)

=unquote=

 

小1の11月にはきつい問題ですね。どうなるか、楽しみです♪あっさり解けるか。文章の意味も分からず、迷走するか。そして、親としてどうマネジメントするか。

 

・・・ぶっちゃけ、サピックス小1でメダル獲得するお子さんって、こういう問題も余裕で解ける気がします。メダル獲得のライバル達が、「思考力を鍛える」という名目で作成されたパズル系問題に熱中しているとは思えませんね。パズルはパズル。メダル保有者は、教材が何であれ、数的分野での計算力を磨き、そしてすでに、ある程度抽象的な概念を国語でも算数でも理解しているようになってきている気がします。四則演算は数なので具体的な話ですが、分数は抽象的な概念です。「全体」と「部分」の関係であり、また、何を「全体」にするかで、同じ1/3でも異なる。パズルやるより、地味に筋トレしたほうが良いと思うのだが。。。

 

でも、小5になっても、義務教育(公文の学年相当)はこのレベルの問題かよ、とも思います。それでも分数という山脈を超えられない子供もたくさんいるのも事実。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki