小1/基礎体力:1か月ぶりの水泳(平泳ぎ特訓)

2016年10月(小1)


1か月ぶりにプールへ出陣しました。

 

間が開いた理由は、運動会リレーに集中したかったのと、若干風邪気味だったから。恐ろしいものです。ぼーっとしていると、あっという間に時間が経ってしまいます。

 

(1)練習内容

50mクロールを1本泳いだ後は、平泳ぎを徹底練習。12.5m(プールの半分で反転)×30本くらいは泳ぎこみました。25mを泳ぎ切るよりも、12.5m単位で細かいアドバイスをして修正していったほうが効率が良いですね。平泳ぎに飽きたら、バタフライやクロールを交えて練習。合計で、500mくらいは泳いだかな。平泳ぎのフォームも問題ないならば、ひたすら泳ぐことが練習になると思いますが、課題は以下の通り。

 

(2)課題

平泳ぎの、足と手の動きの連動がおかしい。娘も問題があることは理解しています。手で水をかいて、キックしたあとに手が伸びる、、、というのが僕の理解。しかし、娘の平泳ぎの動きは、何かおかしい。キック→手が伸びて慣性で進む、という動きになっていません。

 

また、平泳ぎの泳ぐピッチが遅い。クロールのバタ足も同じですが、どことなくのんびり。同年代か年下の男子で泳ぐのがうまい子を見ていると、その動きは黒潮にもまれる「活きの良いアジ」みたいな、ピチピチッ!とした筋肉の躍動感があります。しかし、娘の動きは、サンゴ礁を泳ぐ「マンタ」。

 

おい、マンタでいいのか?

 

娘の縄跳びをみていても、どことなくふんわりしているので、根本に同じ問題がありそうです。水泳ですとプールに行かないと練習できませんが、縄跳びならば朝でも夜でも一人でも練習できますから、縄跳びで筋肉の躍動感、といいますか、細かいピッチでの動きを覚えさせたほうが良いのかもしれません。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki