小1/漢字検定8級(=小3):漢字そのものの練習(Best Practice改定)

2016年10月(小1)


2016年10月28日(金)。

 

娘の体調不良のため、2週間潰れてしまいました。この間、漢字学習方法を再考しましたが、着実に点に結び付くためには、「漢字そのものの書き取り練習」が必要なのでは、と考えるに至りました。

 

つまり、問題を通じて漢字を学ぶ(例:客船、乗って、流れ)のではなく、「客」「乗」「流」、という漢字そのものを書き取って練習する、というもの。

 

当たり前?いや、当たり前なのかもしれませんが、僕にとっては新鮮です(笑)。

 

3回目の模擬試験を見ていると、おしい!という例、すなわち似ているけどちょっと違うので×になっている漢字が正しく書けていれば、合格点に達するようなのです。

 

つまるところ、漢字学習のBest Practiceは、以前はこのように整理しましたが、改定すると、以下の通りなんじゃないかと思います。

 

====

(1)子供の漢字の理解

①漢字「そのもの」を知っている(=書ける)

②漢字を「どう使うか」を知っている(=読める、読み仮名→漢字)

 

(2)時間の投資効率

読む>(10倍)>書く。

 

(3)漢字学習のBest Practice

①漢字検定のテキストを使い、初見の漢字そのものの書き取り練習。

②上記①ののち、問題集をひたすら読む。読んで、娘が不安な漢字に出くわしたら、書いて練習させる。

③絶対的読書量で漢字を見る機会を確保する。

④漢字そのものの書き取り練習は継続する(なんとなく書けるけど、不正確なので×になる問題を減らすことで合格点を確保する)。

====

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki