小1/漢字検定8級(=小3):試験5日前の朝

2016年11月(小1)


2016年11月1日(火)、0600-0755終了。

 

「ステップ8級」を計画通り、3日分完了。今日は、ステップ16、17、18。

 

最近、驚異的なスピードで娘の漢字戦闘能力が向上しております。漢字が書けなくても、僕が言い換えれば、答えを見ないでも書けることが大半。例えば、

 

娘:「関係者の記"しょう"をむねにつける、が分からない。」

 

僕:「文章の章だね。」

 

娘:「ああ、あれね。記章って何?」

 

僕:「バッヂみたいなもんだ。」

 

という展開。この読み替えも、低学年の漢字学習では実は大事なんじゃないか、と最近気が付きました。娘に答えを渡して自分で漢字を直させることもできるのですが、既に知っている他の語彙の漢字を引用し、表意文字としての漢字の意味のリンクをたくさん作る。換言すれば、漢字の意味のネットワークを張りながら勉強を進めるイメージ。この方法は、結果的に効率が良さそうです。

 

尚、本日間違えた漢字は以下の通り。(ステップ16からのみ抜粋)

 

商売→しょうばい

生計→せいけい

記しょう→記章

市役しょ→市役所

定じゅう→定住

じゅう力→重力

自しゅう→習

しょう算→勝算

がくしょう→楽章

どうじょう→同乗

 

我が家は漢字検定は8級(=小3)からのスタートなので、10級や9級の問題は見たことがありませんが、赤字の語彙をみると、8級より上になると「漢字=語彙」であることが良くわかると思います。つまり、漢字検定は語彙力のテストという側面もあります。よって、ガンガン進めて、漢字+語彙力の基礎筋肉をつけさせたいと考えます。

 

【以下余談】

僕は筋肉が好きなので、筋トレに例えることが多いのですが、同じ筋トレでも、筋肉の部位が違う気がします。なぜそう思うのかは、僕もよくわかりませんが。。。

 

漢字→足腰の筋肉。ひたすら「スクワット」をこなすイメージ。国語は全ての基礎だから?

 

計算(公文)→腹筋の筋肉。ひたすら「クランチ」をこなすイメージ。計算が早いと、シックスパックのパッキパキな腹筋がイメージされる。

 

なんでだろう。。。直観的にも、「漢字→クランチ」、「計算→スクワット」ではないんですよね。もっと言うと、

 

多読→有酸素運動。ひたすら「走り込み」をこなすイメージ。それも短距離走を数多く、というよりは、皇居一周ランニングを毎日やるようなかんじ。

 

サピックス→球技。おなじ球技でも、「サッカー」というよりは、いろいろな動きが要求される「野球」のイメージ。サッカーには時間の連続性があるが、野球は中断も多いけど、間合いがあるので。

 

・・・時間できたら、なぜ上記のようなイメージがあるのか、自分でも考えてみます。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki