僕の読書メモ:『バッテリー 1~6』(あさのあつこ)

「僕」の読書


2016年11月1日(火)。

 

重松清を離れ、「あさのあつこ」へ。

 

①どんなおはなし?
②どうおもいましたか?
③あながたしゅじんこうならば?
 

僕:「①小学校を卒業したばかりのピッチャー原田が、中学に入り、葛藤を通して成長する話。②野球という快感を欲する中学生の渇きを、新鮮に感じた。③僕が原田ならば、孤独さに不安になると思う。」

 

この『バッテリー』を選んだのは、半年くらいまえの公文教室で、娘を待っているときに、本棚に置いてあったから。第一巻の30ページくらいを読んで、気に入りました。

 

今回全6巻を通読しましたが、途中4~5巻の中だるみがあったにせよ、ラストの息の詰まる展開、そしてそれを表現する文章と行間は迫力がありました。

 

汗臭い男の子の世界です。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki