小1/作文:『ふえのねいろがきこえる』(娘)

2016年11月(小1)


2016年11月4日(金)、夜。

 

食後のこと。

 

娘:「本を読むのも楽しいけど、自分で書くともっと面白いと思うんだ。原稿用紙ちょうだい。書いてみたいから。」

 

と自ら言い出し、満寿屋の原稿用紙に向かい、サラサラと2枚分を執筆していました。

 

=quote=

(読みにくい箇所には、適宜句点など僕が挿入)

 

『ふえのねいろがきこえる』

 

 あるよるのことです。たろうというおとこが、ふえのねいろでめをさましました。たろうは、『ふしぎだな』とおもって、ねいろのするほうえいってみました。ふえをふいていたのは、とてもうつくしいおんなのこでした

 

 たろうは、なまえをきいてみました。おんなのこは、なみです、とこたました。どうしてこんなところにいるのときくと、なみはこうこたえました。わたしかぞくもいないし、おともだちもいないし、ひとりぼっちなの。わたしのおともだちは、このふえだけなの。たろうは、ともだちになろうといいました。

 

 なみは、いいわ、といいました。ふたりは、てをつないでやまにのぼっていきました。

 

 なみは、ふえをふいているのでどうぶつたちがあつまってきました。いのしし、くま、うさぎ、りすなどがきました。たろうとなみは、なかよくあそびました。

 

 どうぶつたちもいっしょにあそびました。みんなは、おにごっこ、かくれんぼなどのあそびをしました。たろうは、きがつきました。つぎのひのゆうがたに、なっていることに。

 

 たろうはいいました。ぼく、かえらないといけないんだ。バイバイまたあしたね。たろうはかえっていきました。なみは、ゆうやけをながめながら、ふえをふきました。ピュルルルル、ピュルルルルとふきました。なんどもなんどもふきました。そしてゆうひは、しずんでいきました。

 

 なみは、じぶんのいえにかえってうぐっすりねむりました。ところで、たろうは、もうぐっすりねむっていました。ふたりとも、おたがいに、あそんでいるゆめをみました。どうぶつたちもいっしょです。いっしょになみのふえにあわせてうたった。いっしょにふえをふいた、などをおもいだしながら。どうぶつたちは、まだはなしあいをしていました。なみのふえは、いいおとだよなあ、とね。そして、どうぶつたちもねむりにつきました。

=unquote=

 

この後、どうなるのでしょうか?妻と僕も楽しみです。

 

・・・体系的に、①漢字(漢字検定8級)、②語彙(言葉力1100)、③読書(公文推薦図書を中心に約70冊)、④読書のメモ(必ず原稿用紙1枚)、といった筋トレをたんたんとしているのですが、作文も好きになる効果もあるのかもしれませんね。

 

娘:「読むのもいいけど、書くのも楽しいね。この後、どうしようかなあ♪」

 

過去のエントリーを読み直すと、僕の読書メモ:『わが子に教える作文教室 (講談社現代新書)』(清水義範著)、で、清水氏が指摘していることは参考になりますね。

 

娘が遊びとして、自発的に執筆を開始したのがポイント。

 

 

★この記事のエントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材終了テスト前(=小5)、③公文国語:CI教材終了テスト前(=小3前半)、④漢字検定8級(=小3)勉強中(2016年11月6日受験予定)

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki