小1/サピックス:算数II⑤「どれに しようかな」(110-12)

2016年11月(小1)


2学期の5回目の算数。

 

(1)教材名

「どれにしようかな」(110-12)

 

(2)内容

①どれにしようかな→組み合わせの問題。

②さかなつり→足し算の組み合わせの問題。

③(ふくしゅう)フルーツルーレット→文字盤の位置関係の把握。

④(ふくしゅう)なにがもらえるかな→文字盤の位置関係の把握。

⑤けいさんとレーニンング→2桁+1桁の足し算で繰り上がり有り。並んでいる数の計算。

 

(3)娘の結果

 

娘:「簡単だった。全部できたよ。」

 

とのことで、たしかに〇がたくさん付いています。先々週、体調不良でサピックスを休んだので、上記(2)③④は初見の問題なのですが、全部正解している。

 

これ、先生のヒントがあったのか、本当に初見で解いているのか分からないので、娘の報告はあてになりませんね。とはいえ、「漢字検定8級(=小3)+言葉力1100+多読」、で読解力を上げてきたので、問題文の意味、として条件を考える力がついているであろうことは事実。恐らくは、本当に初見で楽々と解いているはず。

 

MBA受験のGMAT対策と同じで、問題を解くのはあくまでもリトマス試験紙であり、地道に語彙力と読解速度と深さを上げることがこの種の「クイズ」的な問題への対応力を高めるんだろうなあ、と思います。問題解いても、他の初見の問題が解けるようなるとは思えず。思考力強化は思考力強化の問題を解いてもダメで、もっと地道な筋トレが効果を発揮するのだと思います。MBA受験も、低学年のサピックス問題も、本質は同じですね。

 

(4)小1サピックス最上位クラスのメンバー

娘は10月確認テストで不戦勝(=体調不良で受験できなかったが、1回の欠席ならば同じクラスにいられる)。この日の授業がクラス替えでしたが、約16名のうち、2~3名が入れ替えで、残りはもともとのクラスから変動していなかったとのことでした。つまり、すでに固定化する傾向あり。

 

尚、計算速度については、娘はクラスでトップを争うかどうかのレベルにある模様。しかし、小1の11月で公文算数Eの終了テストに臨むレベルでも、上には上がいて、安泰ではないのが実態。

 

 

★この記事のエントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CI教材(=小3前半)、④漢字検定:8級(=小3)を2016年11月6日に受験し結果待ち

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki