僕の読書メモ:『一房の葡萄』(有島武郎)

「僕」の読書


「小さき者へ」から派生して、有島武郎。

 

ハルキ文庫を選択しましたが、巻末のエッセイ(子供はいつも困っているんだ、という内容)が重松清によるものでした。重松清は「小さき者へ」が好きだとのこと。そして、この文庫は「一房の葡萄」にはじまり、「小さき者へ」で終わる構成。

 

「一房の葡萄」は、昔読んだはずですが、こんな話だったっけ?というほど完全に忘れていました。少年から見た「僕の大好きなあのいい先生」が美しい。これも、オッサンになってから読むと、描写が良くわかりますね。

 

 

★この記事のエントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CI教材(=小3前半)、④漢字検定:8級(=小3)を2016年11月6日に受検し結果待ち

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki