僕の読書メモ:『カインの末裔』(有島武郎)

「僕」の読書


「カインの末裔」の文学的評価が高いので、読んでましたが、僕の心には響かず。(中高生の頃に読んだような記憶もあるが、全く思い出せず。)

 

他方、結核で病死した妻の死因を確認すべく解剖する医師の話である「実験室」は、展開としてはインパクトはありました。

 

しかし、「小さき者へ」の親の愛情、「生まれ出づる悩み」の難破な描写、「一房の葡萄」の美しさ、には及びませんでした。「小さき者へ」は凄いなあ。

 

・・・尚、有島武郎の人生も凄いですよねえ。成功した薩摩藩士族の家に生まれ、学習院では大正天皇の御学友に選ばれるほどのエリートでしたが、札幌農学校への道を選択し、女性の趣味は幼女系、最後は女性と真夏に心中して発見までに1か月かかり、蛆虫が・・・。

 

最期がちょっとなあ。。。

 

 

★この記事のエントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CII教材(=小3後半)、④漢字検定:8級(=小3)を2016年11月6日に受検し12月1日の発表待ち

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki