小1/共働き:涙

2016年11月(小1)


2016年11月22日(火)、夜。

 

今日は妻が仕事があり、早く帰宅できない日。

 

こういう日は、僕がカバーします。しかし、僕は極力早く帰る予定でしたが、やむを得ない事情で帰宅が少し遅れ、18:45に。

 

我が家は娘には携帯電話を持たせない主義ですので、連絡もできず。

 

自宅のドアを開けたら、目に飛び込んできたのは、玄関にある娘が使っている「ピンク色の台」。

 

僕:「ああ。。。この台の上に乗って、ドアの覗き窓から廊下を見て、僕を待っていたな。。。ただいま!」

 

・・・リビングからすすり泣く声。

 

リビングの方をみると、ソファーの下に隠れているみたいだ。

 

僕の声を聞いてソファーの下から這い出て、涙とともに僕の胸に飛び込んでくる娘。

 

娘:「お、おか、おかえりなしゃい(涙鼻水)」

 

ごめんね。一人で留守番して寂しかったよね。

 

こういう瞬間に、共働きに問題を感じる親(特に母親)は多いのだと思います。

 

でも、大丈夫。

 

こういうのも筋トレだから☆

 

強くなるよ。

 

 

★この記事のエントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CII教材(=小3後半)、④漢字検定:8級(=小3)を2016年11月6日に受検し12月1日の発表待ち

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki