小1/読書/083:『本のれきし5000年』(辻村益朗)

娘の読書・映画


公文国語D(=小4)の推薦図書。40ページと短い。

 

①どんなおはなし?
②どうおもいましたか?
③あながたしゅじんこうならば?
 

娘:「①ほんがむかしどのようなものだったかをみるおはなし。②あまりおもしろくなかったです。ほんのれきしにはきょうみがないからです。③大くの人によまれたい。」

 

漢字間違えていますね。「大く→多く」に修正させました。

 

僕:「本の歴史に興味ないんだ。5,000年前だと、縄文時代の大森貝塚と同じだぞ。」

 

娘:「だって、5,000年前って人間もいたし、紙もあったし、そんなに昔じゃないじゃん。最近のことじゃないけど、そんなに昔ではないね。」

 

どうやら、古生代や中生代の時間軸で、歴史を考えているみたいです。この時間軸での発想は正しいですね。

 

 

★この記事エントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CII教材(=小3後半)、④漢字検定:8級(=小3)を2016年11月6日に受検し12月1日の発表待ち

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki