小1/公文:四則演算復習の検算を電卓で自分でやる意味

2016年12月(小1)


2016年12月4日(日)、0600-1000で筋トレ中。

 

毎日継続している四則演算の復習。子供はすぐに忘れるので、足し算→引き算→掛け算→割り算、を毎日解くことが大事です。公文で先に進めるためには、軍事上の「兵站」と同じで、後方支援を怠りなくやる必要があります。

 

四則演算の復習は、娘に電卓を渡して検算をして貰い、自分で丸付けをしてもらいます。僕も楽ですし、娘も検算のロジックを理解できますので。

 

今日、おや、と思ったのは、

 

1754÷35=

 

の問題で娘が気が付いたこと。

 

娘:「1754÷35だけど、50あまり4だから、35×50+4なんだよね。最初、50の0を忘れていたけど、それだと1754にはならないんだよね。35が5個じゃ、1,000にもならないから。」

 

数字の量としてのイメージが分かってきたね。

 

本当は検算も筆算でやってもらいたいところですが、時間投資効率の観点からは、それはあまり意味が薄い。電卓で検算(=割り算しか検算にならないけど)の方法論を毎日毎日学ぶことは、今後も継続していきます。

 

計算問題も漫然と解くだけではもったいない!

 

 

★この記事エントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CII教材(=小3後半)、④漢字検定:8級(=小3)合格済(2016年11月受検)。

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki