小1/語彙力:「言葉力1100」の現状と今後

2016年12月(小1)


2016年12月4日(日)、0600-1000の筋トレ終了。

 

2016年5月28日から「言葉力1100」を、1日1ページずつ地味に筋トレ継続してきました。

 

=quote=

このテキスト、全部でざっくり200ページあり、そのうち問題は180ページくらいでしょうから、半年間やれば全部完成します。今年2016年12月末までに仕上がる予定で、日々、地味な筋トレします

=unquote=

 

半年前に設定した段取り、地味な筋トレを積んできました。今日現在で、C132。残り20日分(=20ページ)。終わりが見えてきました。

 

C132からは、「慣用句」に入りました。

 

頭が上がらない

頭が下がる

顔がきく

顔が広い

顔にどろをぬる

一目置く

 

娘:「きゃはは、なにこれ!頭と顔ばっかり!」

 

と面白がっています。そう、慣用句は面白い。

 

12月末には確実に終えていたいので、「言葉力1100」は2枚/dayとして、早期に終了させます。そして、2017年3月までは、3か月間かけて、ひたすら復習することにします。このプロセスが娘の読解力の基礎中の基礎となるのだろう、と想像します。テキストは終わらせることに意味があるのではなく、熟成することが大事。

 

そして、ここで僕の考えてきた段取りが活きてくることになります。「言葉力1100」は、4年生までに身に着けたい語彙集です。よって、漢字も、おおむね4年生までの対応。つまり、漢字検定7級(=小4)を一通りカバーした娘は、「言葉力1100」を漢字の観点からもカバーできるようになっています。

 

年明け2017年1月から3月までは、以下方法で復習をします。

 

(1)範囲

まず、分量をたしかめてみました。

 

①グループA(名詞)が480まで。÷6で、80日分。

②グループB(動詞)が276まで。÷6で、46日分。

③グループC(形容詞・副詞・慣用句)が252まで。÷6で、42日分。

 

合計で168日分、つまり168ページですね。なので、2ページ/dayで、90日あれば終わります。

 

(2)やり方

①新規2日分を読む→漢字で1回書く。

②昨日2日分を読む→漢字で1回書く(復習)。

 

・・・よし、この段取りで良さそうです。あとはやるだけ。

 

サピックスでは「言葉ナビ」が出ており、これも将来やることになるのでしょうけど、正直テキストとしての完成度は「言葉力1100」、「言葉力1200」の方が上だと思います(※「言葉ナビ」は立ち読みしただけなので、僕の理解に違いがあるかもしれませんが)。

 

まだまだ遊べる時間はたっぷりありますので、「言葉力1100」で基礎筋トレをしっかり積みます。

 

 

★この記事エントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CII教材(=小3後半)、④漢字検定:8級(=小3)合格済(2016年11月受検)。

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki