小1/回顧:暗記モノ

2016年12月(小1)


2016年12月14日(水)、夜。

 

今年3月(=年長)に、娘に九九を暗記してもらいましたが、

 

僕:「これを覚えよう。」

 

渡したのは九九の表。

 

以上!

 

というシンプルさで暗記してもらったやり方は、今思うと正解だったなと回顧。

 

①娘を助けない。

②ひたすら音から暗記させる。

③ドリルを解いたり、升目計算にさせるのは暗記した後。

 

という段取りは、今年3月当時は僕も直観に従って立案したものでしたが、これが良かった。

 

何が良かったか?

 

一番、キツイ筋トレの仕方だからです。娘は九九の意味も分からないし、これほどたくさんの数字を暗記することも人生で経験が無い(※この頃既に、フランス産ナチュラルチーズの暗唱でコツを掴みつつありましたが)。きっと、3月当時の娘にとっては、「吐くまで腹筋しろ」という指示に近かったはずです。

 

・・・しかし、あの筋トレをクリアしたからこそ、

 

①11~19×1桁

②素数

 

やらなにやらを、そのままストレートに暗記していけるようになったのかな、と思います。まだやりませんが、3.14×1~10も、1時間以内でいったんは暗記できるはずです。

 

最近、僕から見ても、ちょっと娘のフェーズが上がったな、と思う瞬間がありました。学校の国語の教科書の宿題で音読があるのですが、10ページ以上の物語を、10回くらい読んだら全部暗記してしまい、教科書抜きで音読を始めました。

 

・・・と、ここまでは普通にある話だと思いますが、驚いたのは、ページをめくるタイミングまで暗記していること。つまり、教科書を開かずに音読して、ページが終わったら、教科書を開いてページをめくり、まだ音読を続ける、なんてことをしています。場所まで覚えている。

 

僕も、小学校3年生のときに父親の悪ふざけでお経(般若心経)を暗記して以来、急激に暗記力が身についたのですが、娘のフェーズは明らかに僕よりも凄い。他の小1を知らないので比較できませんが、誰でもできることなのかどうか・・・。

 

いずれにせよ、この時期をうまく利用したいと思います。凡人娘のゴールデンタイム。

 

そのきっかけが、変化球無しド根性ストレート暗記での九九でした、という回顧です。

 

 

★この記事エントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CII教材(=小3後半)、④漢字検定:8級(=小3)合格済(2016年11月受検)。

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki