小1/回顧:四則演算の体系

2016年12月(小1)


2016年12月23日(金・祝)。

 

世の中に計算ドリルは多いけれど、体系的に四則演算を説明する本がなぜか存在しません(僕が見つけていないだけかも)。

 

自分の備忘メモとして残しておきます。娘をサンプルにした僕の理解なので、普遍性がある(=誰かの役に立つ)かは不明ですが。

 

====

 

(1)段取り

 

①足し算→引き算

②掛け算→割り算

③分数→小数

 

※上記①と「掛け算」は直接の関係に無い。極論を言えば、足し算引き算をやる前に「九九暗記」をしても何の問題も無い。

 

(2)マトリックス的理解

 

  足 引 掛  割  概数

足 〇 × × × ×

引 〇 〇 × × ×

掛 〇 × 〇 × ×

割 〇 〇 〇 〇 

分 〇 〇 〇 〇 〇

 

※割り算は「概数」という抽象的思考を駆使する。「42」をみて、「だいたい40だね」という感覚は大人からしたら当然ですが、小1には相当難しい。だから、割り算は小4で学ぶように、義務教育では設計されている、と僕は理解。尚、この概数の考えを鍛えると、抽象的な考え方の入り口に立てるようです。おそらく、今の段階で娘は文字式を理解できるはず(まだ実験していない)。

 

 

★現時点の取組状況:

①サピックス:小1最上位クラス【2016年7月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2016年12月16日に算数E終了テスト合格】

③公文国語:CII教材(=小3後半)【2016年11月11日に国語CI終了テスト合格】

④漢字検定:7級(=小4)【2016年11月6日受検で8級(=小3)に合格】。

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki