小1/公文:算数F51~55(=小6)の3この分数の加法、つまり最小公倍数

2016年12月(小1)


2016年12月27日(火)、0800-1200で筋トレ中。

 

先ほどまで八ヶ岳にいましたが、降雨により本日のスキーを断念。さっさと見切りをつけ、0400に八ヶ岳を出発し、0700に東京着、筋トレ開始。

 

正月休み用に公文教室から頂いたプリントは、算数はF70まで。

 

F70はこんな問題です。

 

3 1/4 + 5 1/6 + 7/12 =

 

つまるところ、4と6と12の最小公倍数を求める話なのですが、公文プリントは最小公倍数だけを求めるプリントがF60くらいまでたくさん用意されています。

 

でも、これって、僕が教えることは、

 

僕:「えーと。では、(8, 9, 24)の最小公倍数は?」

 

娘:「(5秒くらいで)72でしょ。」

 

僕:「うん?そうだね。あってる。どうやって解いた?」

 

娘:「えーとだね。こうやってやるんだよ。

 

8と24の最小公倍数は24。だから、9と24をみればよい。24の倍数をかんがえると、2個で48。これは9の倍数じゃない。3個だと72。これは9の倍数。だから、72が答え。」

 

・・・ということで、教えることが無いことが判明。

 

僕:「(他の問題を見てみても)やたらと解くのが速いけど、2桁掛け算とか使ってる?」

 

娘:「うーん、使ってないよ。パパが遅いのは、単に暗算が遅いからじゃない?」

 

問題をみてみると、たしかに2桁掛け算は使っていません。基礎的な掛け算と倍数を組み合わせて解いていますね(銃剣で戦う白兵戦のイメージ)。これ、12~19×1桁掛け算が必要となるような長距離射撃になると、僕はもう勝てないことを意味します(僕は暗記していないので)。

 

徹底的に筋トレすると、小1は伸びしろが大きいですね。特殊能力でもなんでもないので、単に正しい方法で筋トレしたかどうか、の違いでしかない。にも関わらず、暗記すべき計算体系をまだ僕は理解していない!親として勉強しないといけません。

 

 

★現時点の取組状況:

①サピックス:小1最上位クラス【2016年7月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2016年12月16日に算数E終了テスト合格】

③公文国語:CII教材(=小3後半)【2016年11月11日に国語CI終了テスト合格】

④漢字検定:7級(=小4)【2016年11月6日受検で8級(=小3)に合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki